「EAST の美意識」を探る

2010/04/14
中国でKの作品が販売開始です。
上海にChina Boutique Shanghaiがオープンです。
上海の高級エリアにある百楽門大酒店の1-4階に新しく開設され、その4階をKの中国での提携先であるO Galleryがショップを運営します。
Kの殆どの商品が展開されて中国のKの拠点の1つになるでしょう。

5月1日にオープニングパーティーがあり、それに出席するために30日に上海に行きます。30日の夜にはタイミング良く現在Kの新製品を試作中のハリオがハリオ上海を立ち上げるパーティーがあり、それにも出席します。
Kはこの5月を目指して「ガラスのティーカップ」を耐熱ガラスのダブルスキンで製作中です。熱いお茶やコーヒーを取手のないガラス器で頂こうという計画です。5月1日のChina Boutique Shanghaiで発表展示します。日本での発表は他の新商品とともに6月に計画中です。

丁度、5月1日は上海万博のオープンの日でもあります。中国政府の肝いりで始まるこのChina Boutique Shanghaiはアメリカ資本で、O Galleryはその運営を任されているのですが、そのために上海万博のオープニングに出席の政府高官たちが僕たちのパーティーにも現れることになっているそうです。

このショップには僕のプロデュースしたネクストマルニや日本のデザイナーたちの作品を紹介しています。オープニングには間に合わないかも知れませんが、少しずつ日本のデザイナーたちの商品を登場させていこうと計画中です。

思いっきり元気な中国だから、そこへアメリカの資本も入り込んで元気倍増です。「日本文化」という発想から「EAST或いはアジアの文化」という発想に切り替えて、これからの世界文化への貢献をしていくのが日本の役割だと思います。その時代に向けて、今、「EASTの文化」とは「EASTの美意識とは」について思索し始めています。
講談社から出版した「八つの日本の美意識」を読みかえて・・・拡大して・・・「EAST の美意識」を究明しようとO Galley のパートナーたちと相談している最中です。

あらためて報告します。
(2010,04,15)
写真は「万里の長城付近で見たつらら」凍った水の彫刻です。