身体性(enbodiment)

2010/03/28
「素材と身体」という展覧会や講演を色々なところでやってきた。現代のデザインは形や色ばかり追いかけているから、文学のように表現の深い意味が伝わらない。物もデザインも消費されるのはこの表現の表層性にあるのだと思う。
幼児の感性や原始の感覚を大人にも取り戻させないと・・・と素材の前進的感覚を訴えてきた。それを意識して撮影した写真を紹介しよう。フォトグラファーは僕自身だ。
(写真を見れない方が複数いらっしゃったので入れ替えました)
写真は上から「TORSO」「GOM」「PLPL」「IRONY」「DD/BALLOON」