若者達と銀色の空間

2010/02/23
僕の仕事のコーナーの向こう側でみんなが騒いでいる。僕のオフィスを若者達が占拠して部屋中を銀紙で覆おうというのである。
NOSIGNERのアイディアなのだが、この西麻布界隈の街にでて銀紙の大きなロールを道路に広げて舗道のパターンやマンホールのパターンをすり込んでいる。近所の笄小学校の子供達まで参加して小学校のピアノの鍵盤をフロッタージュしたり・・・。街の人たちまで巻き込んでしまった。
TECHTILE展 #03 「触覚のリアリティ」というのがこのオフィス占拠の理由である。僕のスタジオでは天井高6メートルという空間を利用して物学研究会やK塾など、また時にはピアノの演奏会などいろいろなイベントをしているのだが、同時にギャラリーでもある。Kギャラリーといってこの空間はスタジオ+ショップ&ショールーム+ギャラリーとなっているのだ。

若者達は実に気持ちがいい。昨夜は終電まで銀紙貼りをしていたようだが今朝も10人を超える若者達が集まって頑張っている。
こうして、次々と若者達が新しい時代をつくっていく。近頃の若者は・・・という老人達に見せてやりたい。間違いなく未来を彼等はつくっている。
僕は日々、こんな若者達にエネルギーをもらっている。吸血鬼かもしれないな・・・。

僕は、はじめは建築家だった。普通の建築家。新しい時代をつくるのだと夢を描いていた。まさに彼等のように燃えていた。未来も見えず・・・ぼんやりと霞のかかった未来に向かってやみくもに歩いた。そして、都市と産業が建築を決めるな・・・・と予想してその二つを追いかけた。特に産業が建築を決めるキーワードだと見定めて産業を学んだ。そして、次第に建築の産業化を考え始めた。そして今、建築も道具も含んで物だから・・・と建築学、デザイン学ならぬ、「物学」という領域を構想している。プロダクトデザインはその一部なのだ。プロダクトとはproduct。プロダクトとは建築も含んで「結果」という意味である。製品のことである。そして今、僕の興味はどんどん拡大してデザインの意味を芸術から産業や教育までを含む壮大なものになった。

若者達にこんなチャンスを与えるのも僕のデザインの概念の内にある。

きっと明日にはこのオフィスも銀色の世界に変わるだろう。
ちなみに、この空間はこんなイベントのための3日間だけの造作である。ご覧ください。




以下はその内容です。

TECHTILE展 #03 「触覚のリアリティ」

桃の表面に触れたときに体感する桃っぽさとは何か。
これは、私たちが体感する触覚のリアリティとは何かを考える問いに通じています。

この問いに答えるべく、最新研究では触感を再現するだけでなく
触感のコピー&ペーストまでもが可能となってきました。
3回目のテクタイル展は、先端技術によって可能となる触感デザインの未来をお見せします。

【会期】2010/2/26-2/28 (3 days)
2/26(Fri) 17:00-21:00
2/27(Sat)-2/28(Sun) 11:00-19:00

【会場】K-Gallary
〒 106-0031 東京都港区西麻布3-13-15 パロマプラザB2
電話: 03-3746-3605
アクセス:東京メトロ日比谷線広尾駅3番出口より徒歩7分

【出展者】
_小島 雄一郎 + 橋本 悠希 + 梶本 裕之
_野見山雄太 + 矢島佳澄 + 木村孝基 + 山岡潤一 + 鎌田洋平 + 大島遼 + 筧康明
_昆陽雅司 + 土屋翔 + 岡本正吾 + 山内敬大 + 石井優希
_南澤孝太 + 舘
_大建工業 株式会社
_カトーテック 株式会社
+plaplax and more...

【展示会観覧費】 無料

【同時開催:触感表現ワークショップ】(参加無料)
2010/2/27(Sat)-2/28(Sun) 11:00-, 13:00-, 15:00-, 17:00- (予定)

【内覧会およびイブニングセッション】2010/2/27(Sat) 19:00-
出展作品の説明つき内覧会 および 出展作家を交えたイブニングセッションを開催いたします.奮ってご参加ください.
参加料:1000円
軽食・お飲み物付き

レセプション申し込み方法
申し込み先: info'at'techtile.org に

お名前
ご所属
メールアドレス

の3点をお書きの上、【レセプション参加希望】との件名でご連絡ください。

【主催】
_日本バーチャルリアリティ学会 アート&エンタテインメント研究委員会
_TECHTILE展 #03 実行委員会

【共催(依頼中)】
_(社)計測自動制御学会 SI部門 触覚部会

【協賛】
_(株) 資生堂
_(社) 人間生活工学研究センター(HQL)

【協力】
慶應義塾大学 SFC 筧研究室
電気通信大学 梶本研究室
慶應義塾大学院 舘研究室

【TECHTILE展 #3 実行委員会】
_実行委員長/梶本 裕之 (電気通信大学 人間コミュニケーション学科 准教授)
企画・幹事/仲谷 正史 (慶應義塾大学 大学院 メディアデザイン研究科 訪問上席研究員)
_展示会ディレクション/筧 康明 (慶應義塾大学 SFC 専任講師/独立行政法人 科学技術振興機構さきがけ研究員)
_VIデザイン+展示デザイン/NOSIGNER
_ワークショップデザイン/白土 寛和 (慶應義塾大学 大学院 システムデザインマネジメント研究科 訪問研究員)
_WEB製作/山岡 潤一 (慶應義塾大学 SFC)