DESIGN TODAY
世界の最新デザイン事情

アートでつなぐ 黄金町バザール
「田宮奈呂 + me ISSEY MIYAKE」開催中

2008/10/05
横浜市が中心となり地域再生のまちづくりを目指す事業として黄金町(京急電鉄「日ノ出町」駅と「黄金町」駅間の高架下)にアートスタジオが誕生した。
11月30日までの会期中に5カ国・29組のアーティストショップが参加。
メインスタジオのうちのひとつである「日ノ出スタジオ」の一角では、アーティスト田宮奈呂氏の2005年から現在までの me ISSEY MIYAKE ショップディスプレイで制作してきた作品、及び21_21 DESIGN SIGHT「THIS PLAY」展(2007年)で発表した作品を展示販売する。フェルトのもつ独特な素材感と色彩豊かでユーモア溢れる作品は、見ていて元気がでるだけでなく、訪れるものに創作へのインスピレーションを与えてくれる。 me ISSEY MIYAKEからは、作品にあわせてセレクトした服のアイテム及び、黄金町限定商品を展開。


photo: Yasuaki Yoshinaga



田宮奈呂
1965年東京生まれ。’92年造形美術学校研究科版画課程修了。‘90年より版画家として個展、グループ展など多数開催。’99年より三宅デザイン事務所の活動に参加。現在、ISSEY MIYAKE ブランド、me ISSEY MIYAKE 展示会および青山店のディスプレイ、PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE
ROPPONGI(ミッドタウン内)のディスプレイをレギュラーで担当。その他、出版、版画個展等活動している。「驚き」「楽しさ」「元気」をキーワードに、独特の世界観をフェルト素材や、鮮やかなカラー、パッチワークで表現。特にカラーは、田宮の創造の世界を特徴づけている。


黄金町バザール
会期:開催中 – 2008年11月30日(日) 
時間:11:00 – 19:00(月〜木)、11:00 – 20:00(金土日祝)
参加料:無料(一部有料イベント有り)
TEL:045-261-5467
URL:http://www.koganecho.net

かつて違法な特殊飲食店が軒を連ねていた黄金町は、その面影を多少残しながらも、今回のプロジェクトにおいて面白い様変わりを魅せている。
京急高架下にはメインとなる2つのスタジオが設置。
黄金スタジオは、曽我部昌史+神奈川大学工学部建築学科曽我部研究室設計によるもの。室内には土間の空間が伸び、訪れる人々を和やかな気持ちにさせてくれる。もうひとつの日ノ出スタジオは、飯田善彦+横浜国立大学大学院建築都市スクール”Y-GSA”の設計。川に面しているという良好な外部空間を取り込むため、3棟の分棟形式を採用。また地上2メートルの高さで3つの棟を結ぶプロムナードを設置することで室内からはプロムナードを歩く人を感じられるという面白い構成となっている。
日ノ出スタジオ前に設置の川の駅「桜桟橋」からは、横浜トリンナーレ会場への渡し船が土日祝限定で定期的に運行している。