DESIGN NEWS

「デザイン物産展ニッポン」開催

2008/08/28
8月27日より6日間、松屋銀座8階大催場にて「デザイン物産展ニッポン」が開催される。
本展覧会では、日本デザインコミッティーのメンバーであるナガオカケンメイ氏がコミッショナーをつとめ、5つにカテゴライズされた「モノ=物産」を展示する。
5つのカテゴリー
1) 伝統を継承したもの
2) 伝統を基礎に現代生活に適合するようリ・デザインされたもの
3) その地で生産される食品
4) その地ならではの有形、無形の産物(建築物、祭り、人物など)
5) 各地のタウン誌

岩手の「tetuテープカッター」や愛知の「まかろん」、徳島の「阿波踊り」まで様々なNIPPONが展示される。全国の物産を一望し、その風土やデザイン特性を知り、存分に楽しめるに違いない。
また、これまでのデザイン展とは異なり、実際に展示物である「モノ=物産」を会場で購入できる。

会 期:開催中 – 2008年9月1日(月)
    10:00 – 20:00 (初日19時・最終日17時閉場)
会 場:松屋銀座8階 大催場
    東京都中央区銀座3-6-1
主 催:日本デザインコミッティー
    http://designcommittee.jp/
コミッショナー:ナガオカケンメイ
会場構成:隈研吾
入場料:一般=800円 高大生=600円
会期中、職人による実演と日本デザインコミッティーメンバーによるトークショーを開催予定。