DESIGN NEWS

第10回亀倉雄策賞受賞記念 佐藤卓展 開催中

2008/04/11
「ロッテ ミントガムシリーズ」「明治おいしい牛乳」「NTTドコモP701iD」などの商品デザインのほか、美術館などのVIデザイン、NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」の企画メンバーおよびアートディレクションなど、幅広く活躍する佐藤卓氏。
佐藤氏がディレクターを務めた “21_21DESIGN SIGHT 第2回企画展「water」(2007年10月5日〜2008年1月14日開催)”は、 2年前より、文化人類学者、写真家、照明デザイナーなど多分野で活躍する人々とチームを結成し、リサーチやディスカッションを重ねた成果をまとめあげたもの。人類共通のテーマ「水」という難しいテーマを楽しく構成したディレクション力、世界に通用するオリジナリティ、展覧会への来場者数や世の中への影響度などが高く、デザインの可能性を感じさせるマイルストーン的な仕事として評価を受け、今回亀倉雄策賞を受賞。受賞記念として佐藤卓展が銀座クリエイションギャラリーG8にて開催中。



〈展覧会情報〉
第10回亀倉雄策賞受賞記念 佐藤卓展
会 期: 開催中 〜 2008年4月25日(金)
     11:00a.m.〜7:00p.m.(水曜日は8:30まで)
     土・日・祝日休館 入場無料
会 場: クリエイションギャラリーG8
     東京都中央区銀座8−4−17
     リクルートGINZA8ビル1F
U R L :  http://rcc.recruit.co.jp/
お問合せ:rcsakai@r.recruit.co.jp
株式会社リクルート リクルートクリエイティブセンター 
クリエイションギャラリ−G8 酒井直子宛

展示内容:water展受賞対象作品の展示に加え、2004年に発表した紙の積層技術を活かした「紙の化石」を、さらに発展させた新たな作品の発表。そして、パッケージメディアの今後の可能性を示す立体物投影の実験を、会場で試みる。
主 催:クリエイションギャラリーG8
共 催:社団法人日本グラフィックデザイナー協会 亀倉雄策賞事務局
協 力:株式会社キラ・コーポレーション、富士ゼロックス株式会社、有限会社ウォンバット
*亀倉雄策賞作品を掲載した『Graphic Design in Japan 2008』は6月中旬に全国有名書店にて一斉発売予定。


〈亀倉雄策賞について〉
1997年急逝した亀倉雄策の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的として遺族の寄付により設立された亀倉雄策賞。亀倉が設立から長く会長を務めた社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)に運営を一任し、毎年国内賞「亀倉雄策賞」を授与する。「亀倉雄策賞」は『Graphic Design in Japan』応募作品の中から、最も優れた作品の制作者を表彰するもの。
これまでの亀倉賞受賞者:
第1回 田中一光、第2回 永井一正、第3回 原研哉、第4回 佐藤可士和、第5回 仲條正義、第6回 服部一成、第7回 勝井三雄、第8回 受賞者なし、第9回 松永真 *全て敬称略