DESIGN TODAY
世界の最新デザイン事情

現代アートに触れてみる

2008/03/21
最近巷でにわかに話題を呼んでいる現代アート。
3月2日までトーキョーワンダーサイト渋谷にて開催されていた金氏徹平さんの作品をご紹介。形のない現象や感覚や記憶、想像を生活の中にあるものを使って再構築することで新しい価値イメージを生み出している。白地図やぬり絵の断片をつないだり、様々なコーヒーのシミを切り取って重ね合わせてみたり。意外性や驚きでいつの間にか元気になれる。(写真:トーキョーワンダーサイト渋谷「Ghost In The City Lights」より)

ただいま東京都現代美術館にて「MOTアニュアル 2008 解きほぐすとき」展が開催されている。金氏徹平氏を含むMOTが注目する5人の作家によるアート作品を展示。さらに常設展では今年初夏に渋谷駅へと移設することが決まった岡本太郎氏の「明日の神話」が特別公開されている。


【開催概要】
MOTアニュアル 2008「解きほぐすとき」
会期: 開催中 - 2008年4月13日(日) 
    月曜休館
時間:10:00~18:00
  (入場は閉館の30分前まで)
場所:東京都現代美術館 企画展示室 3階
   東京都江東区三好4-1-1
URL: http://www.mot-art-museum.jp/


出品作家:金氏徹平、高橋万里子、立花文穂、手塚愛子、彦坂敏昭