DESIGN TODAY
世界の最新デザイン事情

「海と島に生きる」
沖縄県立博物館・美術館オープン

2007/12/14



沖縄県那覇市、以前は米軍基地があったところに沖縄県立博物館・美術館がオープンした。沖縄の自然風土の中で育まれてきた歴史文化を通して、「海と島に生きていく」ことの意味を問いかける、県内の作家による作品が展示されている。



建築は能勢修治氏によるもの。
歴史や文化に反映したものとして沖縄の特徴である石造文化に着目し、グスク(城)のような外観となり、また亜熱帯という自然の植生も表現したいと、ビロウの木陰をイメージしたエントランスホールができあがったそうだ。

入り口からエントランスホールに向かい、右側が美術館で左が博物館となっていて、ふれあい体験室や情報センター、カフェにミュージアムショップなども充実している。展示以外にもワークショップやトークショー、ミュージックライブとイベントが目白押しだ。

ただいま両館において開館記念展が開催中。
文化の歴史的側面から現代ポップな部分まで、ちょっと違った沖縄を感じてみてはいかがでしょう。

美術館開館記念展
「沖縄文化の軌跡 1872 - 2007」
【開催概要】
会期:開催中〜2008年2月24日(日)
時間:9 : 00〜18 : 00(入場は17:30まで)※金・土は20時まで
休日:月曜日、12月25日〜1月7日
会場:沖縄県立美術館
  沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
   

博物館開館記念展
「人類の旅 港川人の来た道」
【開催概要】
会期:開催中〜2008年1月20日(日)
時間:9 : 00〜18 : 00(入場は17:30まで)※金・土は20時まで
休日:月曜日、12月25日、年末年始(12月29日〜1月3日)、1月15日
会場:沖縄県立博物館
  沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
   http://www.museums.pref.okinawa.jp