バカンス報告4
アンタナナリブの街

2007/08/17
首都、アンタナナリブのことを土地の人々はタナと呼ぶ。12の丘で出来ていて夫々に砦があって中心の丘に女王が君臨したのだと言う。この街はマダガスカルの一番高い中心に位置していて,そのまた険峻な複数の要塞で構成された街である。
それ故、街の中はすべてが坂道だといっていい。しかも曲がりくねった道路は山道のようであり、狭くて時に石畳が車の車輪を揺さぶり続ける。街を走るだけで車酔いをしそうな程である。

どこからも見渡しがいい。どこからも見下ろす風景が広がっている。