DESIGN TODAY
世界の最新デザイン事情

O-Jewel桜展 はじまりました

2007/03/26
“愛こめて、さくら、さく”
東京に桜の開花宣言があった翌日、桜の開花とともに春のスタートを告げてくれるようなうららかな宴が開催された。O-Jewelによる「桜展」。展覧会初日のオープニングパーティはたくさんの人で賑わいをみせた。ピンク色のおいしい桜マカロンが振る舞われ、美しい音色が響きわたり、個性豊かなジュエリーたちが視界に飛び込んでくる。五感をフルに刺激してくれる楽しい時間となった。
10人のアーティストが「桜」をテーマに、想い想いの色カタチをジュエリーに表現している。アーティストによって、また彼らの生まれ育った国や背景によって桜の映りかたが違い、それを見比べるのもおもしろい。

花びら色をしたキャンディのような石をまるごとつないだネックレス、サクランボを象るポップなイヤリング、チェリー材をそのまま使ったペンダントトップや「桜の季節=卒業」をイメージした第二ボタン。
眺めていると、思わず自分の想い出を振り返って微笑んでしまったり。

ジュエリーアーティストに加え、ピアノとサックス奏者による演奏は色っぽく、しっとりとした音色に包まれ、店内はみなうっとり。(ときどき心弾んでダンスなんかもしてみたり。。)

使用されたピアノはYAMAHAのMODUS。
デザイン性が高く、インテリアにもなる。人とのコミュニケーションをテーマに作られたとおり話の話題になるようなスタイリッシュさがお店とマッチしていた。

ふと思った。桜の魅力って何だろう?それはすぐに散ってしまう儚さと、だからこそ満開時の隆々しさと激しさを思わせる生命力ではないだろうか。そしてなによりあのピンク色!

私にとっての桜メモリーは卒業式。満開の桜の木の下で袴姿の私と嬉しそうに笑った母が並んでいる風景はいまでも微笑ましい。未来に希望を抱いて覚悟を決めた当時の想いがよみがえる。(「初心忘るべからず」の言葉が浮かんできたぞ。)

毎年この時期になると様々な出会いや別れがやってくる。そしてふと見上げると「桜」。。
今年のあなたはどんな想いを胸に「サクラ」を眺めるのでしょうか。



【INFORMATION】
▼O-Jewel
東京都中央区銀座6-9-16 hpgrp1F
TEL: 03-5537-2740
OPEN: 12:00-20:00
開催中~4月5日(木)迄
http://gallery.designtope.net/ojewel07/