DESIGN TODAY
世界の最新デザイン事情

foro 08
コミッティー制デザインギャラリー

2007/02/13
プラチナストリートからやや入ったところにある、白い螺旋階段の地下に、昨年新しいギャラリースペースができたのをご存知だろうか。

【foro 08】(フォロ・ゼロット)。
生活デザインをキーワードに、私たちが普段の生活の中で接している様々なもののデザインに焦点をあて、展示やトークイベントを開催している。このギャラリーでもっとも興味深い点のひとつは、コミッティー制で運営されていることだ。同じビルに入居する西森事務所代表である建築家の西森陸雄氏をはじめ、今村創平氏(建築家)、松下計氏(アート・ディレクター/グラフィック・デザイナー)、皆川明氏(ファッション・デザイナー)、そして企画・運営アドバイザーである生駒尚美氏(アーツ・アドミニストレーター)らが中心となり、それぞれに推薦する作家やアーティスト、デザイナーたちの企画展なども行われている。
もちろん貸しギャラリーとしても活用されるのだが、若手作家たちの活動を"展覧会開催以降も引き続き(何らかのカタチで)支援する"という「人と人をつなぐ」最初の場としても、様々な試みをスタートさせた。
先日訪れたときは、「半歩先のデザインを語り合う」をテーマに、デザイン・ジャーナリストの藤崎圭一郎氏が松下氏とサロントークを行っていた。運営などでは、まだ手探りの面も多いとのことだが、情報を吸収し、自らの考えを述べ、ジャンルを越える交流のワンシーンとして、その活動が拡がっていきそうな予感がいっぱいだ。

詳細:http://www.foro08.com/about.html