DESIGN TODAY
世界の最新デザイン事情

Lumiere -今宵灯すチョコレート
by 吉行 文

2007/01/10
2006年12月末のとある夜、六本木で【Lumiere】というパーティーが行われていた。

21時、満席のバーのカウンター。
22時過ぎ、ひといきれで熱気を帯びたコンセプトショップの空間。
それぞれに並んでいるのは、直径2センチほどの、まるいチョコレートたちだ。造形作家である大畑周平氏が着想から数年かけ、パティシエの協力も得ながら制作してきた作品(チョコレート)が、この冬いよいよ完成した。そのお披露目のパーティーが二カ所で行われたのである。

ただ食べるだけなのに、チョコレートを口に含むパーティー参加者全員が主人公になるという、ちょっとした一大イベントだ。それもそのはず、「チョコレートに火を灯し、2~3分経ってから灯火したまま食べる」のだから。炎を見つめて輝く瞳、火のついたチョコレートを口に運ぶまでの表情、口に含む瞬間、そしてその反応、全ての動作が注目されるのはなるほど当然といえた。

ひとつひとつ手作りされ、かつデザイン性の高いプロダクトのような美しさで並ぶこの作品は、もともと「火を食べる」という作家自身の視点から生まれたそうだ。試行錯誤を重ねた様々なこだわりや想い、素材の工夫などを探すのも、このチョコレートを食べるときの楽しみのひとつかもしれない。

その晩の、揺らめく炎のロマンティックな光景、チョコレートがゆっくりと溶けていく甘い香りとドキドキする一瞬は、全ての人の心に期待を灯し、これから未来に起こるであろうどんな出来事も輝くに違いないと感じさせるものとなった。
2月にはイベントが行われる予定とのこと。優しく甘い灯を、ぜひあなたにも。

【Lumiere】 *今後の予定
日程:2007年2月3日(土)
時間:18:00開始/19:00灯火
会場:O-jewel
   東京都中央区銀座6-9-16
   03-5537-2740
作家:大畑周平
music:阿部海太郎(theatre Musica)